お部屋の様子|インターネットの使い方|レストランメニュートップに戻る

インターネットの使い方

 部屋で接続したい場合
部屋には無線LANの電波は届いていないので、部屋から接続する場合は電話回線を使用することになると思います。接続先などは各プロバイダー等によって異なるので各自プロバイダーのサイトなどで確認してみてください。

モジュラージャック - バリの電話はモジュラージャックが取り外せないことが多いのですが、ここははずせます。このジャックからデスクまでは3mほどありますので(部屋により異なる)、モジュラーコードの延長を持って行った方がいいと思います。
コンセントはC型です - 電気屋さんに聞くと「B型も・・」なんて言われますがハリスクタはC型です。丸形でカチンとはめ込めるタイプのものが良いと思います。

 ロビーに行って無線LANで接続する場合
ロビーに出ると専用デスクがあって、無線LANを拾えます。INDOSAT等の電波も拾えますが、ハリス専用のIDとパスを使えば特にプロバイダー加入などせずに気軽に使えます。6日間滞在して毎日2時間やってましたけど2000円以下でした。SEO対策やるのにガンガンネット見てましたけど蚊に刺されまくりでしたよ。虫ペール必須です。

C型アダプター - 3つ又プラグはハリスクタの売店でも売ってます(RP65,000)。オレンジの丸の部分には日本のコンセントもさせますので便利です。変圧器ではないので電化製品を使う際は別途変圧器が必要です。変圧器は現時では売ってません。
バウチャー(プリペイド) - ロビーに出て無線LANで接続する場合は、フロントや売店でバウチャーを購入し、専用のログインIDとパスワードを使って接続します。30分/RP10,000、60分/RP15,000、2時間/RP17,500といった感じです。


持参パソコン用デスクあります - 据え置きのPCの隣に、PC持参してきた人用のデスクがあります。すぐ脇にコンセントもあるので電源の延長コードは不要です。蚊が多いので虫除け持っていくといいと思います。
足下の電源はこんな感じ - 元々ついてるたこ足に、持参した自分の三つ叉を付けて接続します。ソケット抜け易いので両手でしっかり抑えて抜かないと、隣のパソコンの電源抜いちゃったりしますので注意してください。

 無線LANの拾い方

スタートメニューから「接続先」を選択すると接続できそうな無線LAN電波を自動検出してくれます。(ワイヤレスのスイッチがオンになってることを確認してください)
ご覧のようにインドサットなどもビンビン拾えますが、「HARRIS-02」というのを選択します。


選択しても何も起きないので、ブラウザを開きます。そうするとハリスのログイン画面が現れますので、バウチャーに記載のログインIDとパスワードを入力します。
あとはネットもメールもやり放題です。制限時間が来ると勝手に見れなくなりますので、さらに続ける場合は無線LANの検出からやり直します。

 ネットスピードはどれくらい?
USENのスピードテストを使って毎日いろんな時間でテストしましたが、速いときは0.5Mbpsくらい。遅いときは0.08Mbpsとか。平均して0.2~0.3Mbpsだと思ってください。通常のネット閲覧やメールの受信は「ん?ちょっと遅いかな?」という感じです。動画などはストレス溜まりますので見ない方が良いと思います。昼間や夕方は遅くて、深夜や早朝は比較的速いです。ま~でも以前はISDN以下でしたから格段良くなりましたよね。しかも安いし。



←戻る  次へ→





ホームページ作成